TEMLOG

デザインとフリーランスと色々と。

【体験談】広告代理店との仕事の流れ(印刷物編)②

f:id:tempura_tokyo:20170701003002p:plain
【体験談】広告代理店との仕事の流れ(印刷物編)① の続きです。
いちフリーランスデザイナーが経験した、
業界の親分、広告代理店さんとの仕事の流れをまとめてみようと思います。


↓前回はデザインプレゼンまでお話ししました。
tempura-tokyo.hatenablog.com

⑤再プレゼンに向けてデザインカンプ制作

プレゼンは、「うーん、もう一声!」といった感触だったようでした。
再度プレゼンすることになり、
ADから電話で必要な修正、別案の内容などを聞きました。

2度目のプレゼンに向けて、
前回提案した2案の修正+別案1案を制作する事になり、
プレゼンは1度だけの予定だったので
この時点で請求額の上乗せが確定です(嬉)

1度目と同じようにデザインを検証し、プレゼンをし、
クライアントのOKが出るまでやり取りを繰り返します。
制作スケジュール的には、すでに実制作の期間に食い込んでいました。

⑥実制作

細かい修正を繰り返し、月曜に入稿を控えた前週の木曜日
ようやく案が決定し、実制作のGOサインがでました。

休日を抜くと3日ほどで実制作で完成させるという事になりましたが、
カンプの時点でだいぶデザインを詰める事ができていたので、
なんとかなるだろうと言えるスケジュールでした。

これまでの仕事では、入稿前日まで内容でもめているとか、
ひどいケースでは決まって部分があるけどとりあえず入稿なんて事も
ありました。

クライアントや代理店の規模が大きいほど、
スケジュールがギチギチになる事が多いと感じますね。
まあ、会社の規模が大きいほど意思決定までのフローが複雑なので、
当然っちゃ当然なのですが。。

入稿に向けデザインを詰めていると、
金曜の夜になってビジュアル内の文言の変更依頼が来ました
普通の事ですね。デザイナーあるあるですね。。

幸い、デザイン全体に影響があるものではなかったので
なんとか対応しました。
月曜(入稿日当日)にクライアントが確認でき次第入稿、とのことでした。


案決定までの細かい修正や入稿直前の細かい修正など、
こういったギリギリのスケジュールにおけるフリーランス
フットワーク・レスポンスの軽さはとても重宝してもらえます

よくフリーランス(デザイナー)は、
スケジュールの調整役・しわ寄せ処理班になりがちですが
そんな時でもしっかり仕事をこなせれば得るものは多いです。

終電もないし、徹夜する負担も会社員に比べれば本当に軽いものなので、
いざ!という時は存分に答えてあげることは本当に大切だと思います。
自分のアピールにもなりますし、
請求書も胸を張って書けるってもんです。(笑)

⑦入稿

デザインが完成し関係各位OKが出たので、入稿しました。
といっても、入稿データ一式を代理店に渡して終了でした。

入稿に必要な色見本の作成や、印刷業者との校正等のやり取り等は
代理店のADにやってもらいました。

この入稿から先のフローは、フリーランスには、
特に駆け出しの頃なんかは無茶苦茶負担になると思います。

精彩な色見本を用意できる設備が必要なのはもちろんのこと、
色見本や校正の打ち合わせなどはある程度物理的なやり取りになるので
移動などに時間を取られる上に、
代理店、印刷業者、自分と3者で進めるとなると、
スケジュールや状況を擦り合わせるだけでも一苦労
です。

フリーランスにとって時間が取られすぎるのは死活問題ですし、
自分が介入する事で代理店や印刷業者の方に
無駄に手間を取らせるのも良くないです。

最後まで責任を持ってデザインを仕上げる事も重要ですが、
デザインの現場の業務をスムーズに進めるための判断も、
個人のデザイナーとして大切な仕事です

もし印刷物の仕事を引き受ける際には、
このフローをどうするかを最初に確認すると良いと思います。

⑧見積もり〜請求

ウキウキワクワク請求パートです。
提出した見積もりは、
当初の予定+プレゼン追加1回で1.3倍ほどの額になりました。
代理店規定の請求書が送られて来たので、
見積もり通りに額と内約を記入して郵送して完了です。
翌月、無事に入金を確認しました。

⑨その後

仕事は無事に終わりましたが、その後2ヶ月くらいは、
「このデータが欲しい」とか「ここのフォントは何?」といった
ちょこちょことした依頼が来ました。

僕が担当したグラフィックのパートは完了していますが、
プロジェクトは印刷物以外にも色々派生しているので、
WEBサイトやその他の印刷物等にデータを流用したいようでした。

仕事が落ち着いてるからと外出してたりするとこんな依頼が来るので、
完了したデータは安全なクラウドに上げておいて、
外出先でもノートPCから送受信ができるようにしておきました。

仕事の完了後、
最終的なデータをきちんと整理してきちんと保管しておくのはマストです。
これは企業と業務の契約する上で、
こちら側の責任として契約内容に含まれているような事ですので、
ちゃんとしときましょ。




こんな感じでした!
また、別verなども書いてみようと思います。
では〜。