TEMLOG

デザインとフリーランスと色々と。

【体験談】会社員デザイナーが、フリーランスになるまでの経緯

f:id:tempura_tokyo:20170630213108p:plain
こんにちわ!

 自己紹介も兼ねて僕が会社員としてどのような仕事をし、
どういった経緯で独立することになったのかという流れをまとめながら、
その経緯に対してフリーランスである今思うことをまとめてみようと思います。

デザイン制作会社に6年間勤務。

深く狭いデザイン経験と、広く浅いデザイン経験。

美大のデザイン学科を卒業し、
新卒で都内のデザイン制作会社にデザイナーとして就職しました。
基本的に広告代理店から仕事を受注するよくある制作会社で、
ポスターや新聞・雑誌広告、パッケージやPOP、CI・VI、チラシ・DMなど、
幅広いジャンルの業務を担当していました。

僕はとあるクライアントAの広告を在籍6年のうち4〜5年間ずっと担当し、
Aのエキスパートとして基本的に年中ずーっとAの対応をしながら、
余裕のある時には先ほど挙げたような色々なジャンルの業務を掛け持つ
という
ポジションでした。

Aの業務を常にやりつつその他に平均3つくらいの業務を掛け持ちしていたと思います。
僕の会社での経験は大きく二つに分けると、
Aの業務で得た深く狭い経験が半分、
その他の業務で得た浅く広い経験がもう半分
、という感じです。

 

広く浅いデザイン経験がどう役立ったか。

当然ですが、フリーランスを始めたての頃はこの6年間の経験が頼りです。
先ほど僕の会社員時代の経験を大きく二つに分けて考えてみましたが、
独立した時にこれらがどのように役立ったか考えてみました。
まずは広く浅いデザイン経験から。

フリーランスとしてクライアントさんに仕事の依頼相談を受けると、
「〇〇とかってやったことあります?」というような
質問をされることがとってもよくありました。
そんな時、「ありますよー」と返事できる機会が多かった事で、
仕事を幅広く受注できました。
当然それなりの経験値を持って制作に望めるので、
制作物をクライアントさんに喜んでもらうこともできました。

一度もやったことないジャンルの仕事にチャレンジするハードルは、
会社員時代よりぐっと高いと感じます。
頼れる上司や相談相手がいつも近くにいるわけではないし、
何か情報を得ようにもWEBや書籍から正しい知識を探るのには結構な労力を要します。

初めての作業となると、見積もりが取りづらい、スケジュールを組みづらい、
予期せぬトラブル、様々なリスクに直面することになります。
クライアントさんもそんな初心者に頼むリスクは避けるのが普通ってもんですよね。

こういった理由から、会社員時代に得た広く浅い経験が
フリーランスになった時に仕事を受注する広い窓口として役に立ってくれました。

 

狭く深いデザイン経験がどう役立ったか。


会社員時代の経験を二つに分けたもう半分、
クライアントAの広告を何年も何年もデザインし続けた狭く深い経験
デザインスキルはここでとことん磨かれました。

しかし、1〜2年同じクライアントの業務をすると、
そのクライアントの癖というか判断基準みたいなものが身についてしまい、
そのクライアントに喜ばれるっぽいデザイン」を
常に作りだしてしまうようになっていたからです。

提案のヒット率をあげようとするのは当然ですし、
そのヒット率を評価していただいてまた仕事を頂ける訳だし、
作業時間も短縮するし、と業務としては上手くこなしていました。

思い返してみると後半の3年くらいは特に新しいチャレンジが少なく、
失敗が少なく、以前経験したことを同じようにこなしたという印象が強いのです。
こうして得た経験値対クライアントA用のスキルというような側面が強く、
フリーランスになってこの経験を丸々活かせてはいないなぁというのが
正直なところです。


何が一番役に立ったかというと、何年間も担当することで
自分の上司からもクライアントからもそれなりに信頼してもらい、
打ち合わせや簡単なプレゼンに一人で行くようになっていた事です。

自らお客さんとコミュニケーションをとった経験は、
フリーランスになるとダイレクトに効いてきます。
メールの文章の作り方とか、名刺を渡すタイミングとか、
ちょっとしたビジネストークとか、一般企業の各部署の役割や仕組みとか…
言葉にするとバカみたいですが(笑)
この辺ぐらいはわかってないと、ビジネスパートナーとして新たに出会う方々に
デザイン云々以前に疑われちゃいます

デザイナーは社内にこもりがちで、
いざ外に出るとうまくコミュニケーションが取れないなんて事がありがちなので、
この「慣れてる感」みたいなのが身についたのが、
深く狭い業務の最大の経験値だと思っています。

 

まず役に立った経験はデザインスキルじゃなかった。

フリーランスになって、会社員時代の経験が活きたなとまずはじめに感じる瞬間は、
デザイン業務以前にお客さんと接触する場面でした。
フリーランスで重要なのはスキル以前にコミュニケーション」
なんて話はよく聞きますが、
その通りでした。培ったデザインスキルを発揮できるのは、ここを超えてからです。

将来フリーランスを目指していて、
今の業務がルーティーン化してしまってるように感じている方は、
やったことのない業務に参加させてもらったり、
今の業務をより責任ある形で担当できるよう
上司に相談してみてはいかがでしょうか。
フリーランスになったときにきっと役に立つと思います。



退職。プータローに。

ノープラン過ぎた転職計画。

退職する時点ではまた別の会社に就職するつもりでしたが、
普段の業務+引き継ぎ業務に忙殺されていたこともあって
求人サイトを眺めるくらいしか転職活動をしていませんでした。
少しは休みの期間を作ろうなんて思っちゃったりもしてて。

デザイン業界では普通の事ですが、その日の帰宅時間が予測しづらい為、
就活しても面接なんかの予定が入れづらかったのもあります。
会社公認で就活をしていて、面接行くのでちょっと抜けます、
なんてことができればいいんですが、そんな会社ってあるんですか?(涙)

そしてついに具体的な転職活動を全くしないまま退職の日を迎えます。
あっという間に有休も消化しきり、気づけば1ヶ月が経ってしまったのでした

ポートフォリオも辞めてから制作しはじめましたが、
いろんなデザインを試しては直し、試しては直し…。
なぜ退職する前に用意しなかったんだと後悔しました。
ポートフォリオ制作にかかる時間は完全に想定を超えてしまっていました。

転職活動の中で転職サービス「DODA」も利用しました。
クリエイティブ業界もしっかりカバーしててビックリ。
ネットや雑誌を永遠見るよりはるかに効率が良かったです。
早くから登録してれば、今頃どこかの会社員になってた気がします。



突然現れたフリーランスという道。

「あいつ仕事辞めたってよ。」

退職して2か月ほど経つとあるラッキーな現象が起きてました。

それは、自分が退職した事が、
同業の友人や仕事上の知人にクチコミで広がっていた事です。
友人との飲み会なんかでは、「AがB社を辞めた」とか「CがDに転職した」とか、
そういった身近な同業者の近況がよく話題に上がっていました。

そして、クチコミを聞いたたまたまデザイナーを探していた人が、
僕に仕事を依頼してくれることになったのです。

知人だったので自分の状況を詳しく話す事が出来て、
今の自分のスキルと設備で制作可能な新聞広告のプレゼンカンプを制作することになり、
結果として自宅でiMac一台とペンタブ、開業資金0円で
フリーランスとしての活動がスタート
しました。

「あいつあれ作ったってよ。」

こうして僕は、知人のおかげで初仕事を掴む事が出来ました。
「なんでい、結局コネかい。」と突っ込まれそうですが、確かにその通りです。

ただ一つこの幸運な一連の出来事を引き起こした自分の行動があるとすれば、
普段から周囲にデザインした広告や商品を見せたり、話したりしていたことです。
おかげで周囲の方々が、
「そういえばアイツあんな仕事してたな。この仕事お願いできるかもな。」と
思ってくれたんだと思います。

部分的にしか担当していなかったりすると不安はあると思いますが、
「これを作った」ということじゃなく「これを作る仕事に携わった」という情報も
デザイナーを探している人にとっては良い判断材料になるはずです。
成果物そのものより、一つのプロジェクトにどの程度携わってきたかというのも
デザイナーにとって価値のある経験値です。

以降、タブレットにpdf化したポートフォリオを入れておき、
機会があれば人に見てもらうようにしています。

 

「あいつフリーになったってよ。」

こうして、「デザイナーの最終目標」みたいなイメージを持っていたフリーランスに、
流されるままなってしまいました。
しかし今は、若いうちにフリーになれてよかったと思っています。

仕事はめちゃめちゃ楽しくなります。
お客さんのために、自分のために、お金のために日々精進です。

デザイン制作においては、今までやってきたものとまったく違う
デザイントーンや媒体
を経験できる機会が大いに増えます。

僕も務めていた会社では色んなデザインを制作してきましたが、
同じ会社、同じようなメンバーで仕事をしていると、
制作会社のカラーみたいなものが最終的なデザインにいつも影響してきます。
フリーになるとこの見えない鎖が外れ、
より自由にデザインを模索できる楽しさと自由故の難しさを実感できます。

また、営業や交渉、経理といったことも全部一人でやることになるので、
ビジネス的な意識が一気に身につきます。

仕事量も時間も全て自分でコントロールすることになるので、
お金の面でも時間の面でも効率よく仕事をマネジメントするようになります。
「この仕事は幾らの仕事だから作業時間はこれくらいにしておこう」とか
「これくらい時間のかかった仕事だから幾ら請求しよう」とか、
時には「このクライアントには自分も売り込みたいから、
今回はお金よりもクオリティを取ろう」とか。。

デザインに対する時間感覚金銭感覚は、
会社にいては絶対に身につかなかったと思います。
もしこの先また就職するとしたら、この感覚を持ち合わせた社員は
会社にとってはなかなか有能かもしれません。笑



まとめ

なんというか、幸運でした。(汗)助けていただいた周囲の方々様様です。
もはや説得力0ですが、独立にあたっては計画をしっかり練ってくださいね。
ぶっちゃけ設備なんかはどうにでもなると思うのですが、仕事のアテだけは。。

こんな体験記ですがどなたかの参考に少しでもなれば幸いです。

人に読んで頂く文書書くのって難しいなぁ。
では〜。